スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



このエントリーをはてなブックマークに追加

Tag:スポンサー広告 

「良かったこと」日記、続いています。



こんばんは。
さいたか(@sai_taka)です!


きっかけ

去る3/31に参加した、NSLセミナーがきっかけです。
セミナーのレポート記事は、こちら。

「自由に生きる! どうしても人生に突破口を作りたい人のためのファーストステップセミナー」に参加しました。



習慣化の会

参加者である、のり(@norixnori )さんの呼びかけで始まった「習慣化の会fromnsl13」に参加しています。

のり(@norixnori )さんの記事は、こちら。

【セミナーまとめ】No Second Life 13 たちさんのセミナーへ行ってきた | くらしすたんと。


「#nsl13_syukan」ハッシュタグをつけてツイートすると、仲間から励まされたり褒められたり。
おかげさまで、毎日続いています!


どんな風に記録しているか

「EverGear」というアプリを使っています。

EverGear - Evernote投稿ツール App
カテゴリ: 仕事効率化
価格: ¥350


思いついた時に忘れないうちにメモしておき、まとまってからEvernoteに送っています。

内容は、ほんのちょっとしたことです。
ラッキーだったこと・うまくいったこと・自分の行動でここが良かった、等。


つけていて良かったこと

「良かったこと」にフォーカスする。

 出来事や他人の考え方、自分の行動までも、良い所を探そうとします。

「自分でもここまでできる」という自信につながる。

 一つ一つは些細なことですが、自分の良い所がたくさんあることに気付きます。

「感謝の思い」が深まる。

 様々な環境要因や人との関わりから、「良かったこと」は起きていることが分かります。
 周りの状況や関わる人たちに、感謝の気持ちが湧いてきます。


まとめ

 ◯毎日少しずつの積み重ねが、大きい!

 ◯ちょっと自信がなくなった時に見返すと、いいかも!

 ◯仲間がいると、続けやすい!



少しでも興味が湧いた方は、ぜひ。


それでは、今日はこのへんで。

◇◇◇◇◇◇◇

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
今回の記事が、あなたにとって何かのお役に立てれば幸いです。
よろしければ「いいね!」していただくと、励みになります。
どうぞよろしくお願い致します!

by:sai_taka



このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト

Tag:心の持ち方  Trackback:0 comment:0 

想定外のアクシデントが起きた後に、心に余裕を取り戻す方法3つ。

medium_5470969876.jpg
photo credit: kattebelletje via photopin cc

こんばんは。
さいたか(@sai_taka)です!

先日、ちょっとしたアクシデントが私を襲いました。
昼食の時、服に味噌汁をこぼしてしまったのです。

その時の様子

お昼を食べ終わり、空の弁当箱と一緒に持って立ち上がろうとした瞬間、味噌汁の入った器が滑り、こちらに向かって倒れてきました。

中に残っていた味噌汁がこぼれてくるまでの様子が、スローモーションで見えました。
本当に、こういうことってあるんですね。

被害状況は、スーツのズボンの広い範囲・ジャケットの一部。

午後も、当然外回りがあります。
一瞬、固まりました。


どうしたか

最初は、近くにあったティッシュでふきました。
繊維がついて大変でした…。

次に、コンビニでもらったおしぼりでふきました。
乾くと、まだ跡が残っていて、かなりみっともない。

今度は、タオルを濡らし、固くしぼってふきました。
やっと、跡も目立たなくなりましたが、どことなく味噌汁臭い…。


いつもはしないミスをしてしまう。

その動揺からか、得意先から他社宛の校正ゲラを持ってきてしまいました。

原稿等が入っているボックスがあり、いつもは、そこから自社宛の原稿や校正ゲラ等を持って行くのです。
どうやら、封筒の色で勘違いをしてしまったようです。

数時間経って気付いた時、冷や汗が出ましたよ。


心に、余裕を取り戻すには

想定外のアクシデントで動揺してしまう、ということは少なくありません。
重なる時は重なるもので、連鎖的にいろいろな出来事が起こることもありますよね。

そんな時、心に余裕を取り戻すためにできることを3つ。

1)起きてしまった事は仕方がないので、陽転する。

「陽転思考」という考え方があります。
和田裕美さんの本で知りました。


「事実はひとつ 考え方はふたつ」
悪い状況の中から、いかに自分にとってプラスの要素を見つけ出して未来に役立てていくか、ということを重視しています。

今回、味噌汁をこぼしてしまった事実は変わりませんが、こう思うことにしました。

 ほとんど飲み終わっていたので、量が少なくて良かった。
 お気に入りのスーツでなくて、良かった。
 冷めていたので、ヤケドしないで良かった。

2)簡単なことを片付けて、気持ちを切り替える。

小さなことでも「できた」という事実で、ずいぶん気持ちが楽になります。

3)丁寧に対処して、ペースを取り戻す。

動揺して、心に余裕がなくなってしまうと、当然のことながらペースが崩れます。
ひとつひとつを丁寧に仕上げていくことを意識して、自分のペースを取り戻します。


以上、自分の経験からまとめてみました。
何かの時に参考になれば。


それでは、今日はこのへんで。

◇◇◇◇◇◇◇

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
今回の記事が、あなたにとって何かのお役に立てれば幸いです。
よろしければ、Facebookページにも「いいね!」をお願いします!

by:sai_taka



このエントリーをはてなブックマークに追加

Tag:心の持ち方  Trackback:0 comment:0 

「5分」という時間、あなたは短いと感じますか? それとも長いと感じますか?

medium_2521913541.jpg
photo credit: Mrs eNil via photopin cc

こんばんは。
さいたか(@sai_taka)です!

時間に対する感覚は、人それぞれだと思いますが、
「5分」という時間、あなたにとって短いでしょうか? 長いでしょうか?

今日は、「5分」を有効に使う方法をご紹介します。


5分でいいから、手をつけてみる。

物事は、はじめるまでが一番難しい、と言われます。
時間を区切ってはじめることで、精神的なハードルを下げます。


5分前行動をする。

約束の時間の、5分前に到着する。
予定時刻の5分前に出発する。
ほんの少しでも先に行動するだけで、気持ちが違います。


5分、時計を進めてみる。

5分前行動を、強制的におこなう方法です。
周りの時計を全部進めておくことで、自然と5分前に行動できます。


心の余裕を生み出すには、まず時間の余裕をつくることが大事。
自分の心がけ次第で、「5分」でも、いろいろとできるものです。


それでは、今日はこのへんで。

◇◇◇◇◇◇◇

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
今回の記事が、あなたにとって何かのお役に立てれば幸いです。
よろしければ、Facebookページにも「いいね!」をお願いします!

by:sai_taka



このエントリーをはてなブックマークに追加

Tag:心の持ち方  Trackback:0 comment:0 

心に余裕がない時のバロメーター


photo credit: bounder via photopin cc

こんばんは。
さいたか(@sai_taka)です!


身体が疲れている時

私には、身体が疲れている時のバロメーターがあります。

 親知らずが痛む。
 風邪の花(口唇ヘルペス)ができる。

この状態が続くと、風邪をひいたり熱を出したりします。


精神的に疲れている時

同じように、精神的に疲れている時(心に余裕がなくなっている時)には、こんな状態になります。

 なんとなくイライラする。
 車の運転をしていて、他の車にあまり譲らなくなる。
 あまり人と、話したくなくなる。


バロメーターを記録しておく

こういう傾向を記録しておくと、後で役立つと思います。
同じような状態になった時に、すぐ気づくことができるからです。

自分が「心の余裕をなくしているな」と自覚できれば、そこから回復するきっかけにもなります。


それでは、今日はこのへんで。

◇◇◇◇◇◇◇

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
今回の記事が、あなたにとって何かのお役に立てれば幸いです。
よろしければ「いいね!」していただくと、励みになります。
どうぞよろしくお願い致します!

by:sai_taka



このエントリーをはてなブックマークに追加

Tag:心の持ち方  Trackback:0 comment:0 

「モード」を使い分ける。


photo credit: muha... via photopin cc

こんばんは。
さいたか(@sai_taka)です!


理想と現実

私の場合、常に「心に余裕を持っている状態」が理想なのですが、そうもいかないのが人間です。

会社で働いていれば、外部からの圧力がかかります。
得意先はもちろん、上司や部下、他部署などとの関わりがありますよね。

相手から急かされたり、急に仕事を振られることもあるでしょう。

バタバタして、つい余裕のない態度をとってしまう。
自分が理想としている姿とのギャップに落ち込んでしまうこともあるかもしれません。


「モード」を使い分ける

どうしても期限までに終わらせる事がある場合は「急ぎモード」、
スムーズに進んでいる時には「余裕モード」など、
状況に応じて切り替えてみてはいかがでしょうか?

例えば、こんな感じで。

 ◯今から、この作業は「急ぎモード」で終わらせよう。
 ◯少し落ち着いたら、「通常モード」で。
 ◯かなり落ち着いたら、自分の理想とする「余裕モード」で過ごそう。


大切なこと

人は、常に同じ状態でいるとは限らないもの。
また場所や相手によって、いくつもの顔を持っていてもいいと思います。

大切なのは、自分が今、どのモードなのかを自覚することだと思います。
そして、そのモードでいる時間や作業などの区切りをつけることです。



それでは、今日はこのへんで。

◇◇◇◇◇◇◇

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
今回の記事が、あなたにとって何かのお役に立てれば幸いです。
よろしければ「いいね!」していただくと、励みになります。
どうぞよろしくお願い致します!

by:sai_taka



このエントリーをはてなブックマークに追加

Tag:心の持ち方  Trackback:0 comment:0 

カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

sai_taka

Author:sai_taka
B型・かに座・寅年生まれの、ごく普通のサラリーマンです。

ここ数年、アロマテラピーに興味を持ち、勉強をはじめました。
2012年に、「AEAJ認定 アロマテラピーアドバイザー」の資格を取りました。現在は、さらに上位の資格を目指して勉強中。

「心に余裕を生み出して、自分に優しく・他人に優しく。」
ひとりひとりがそうなれば、社会全体が良くなるはず。

アロマテラピーやライフハック、ガジェットを活用し、ストレスフリーな生活を送るための方法を探しています。

twitter
Facebookページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。