FC2ブログ

[精油のプロフィール]No.19 ネロリ

medium_4561158263.jpg
photo credit: weisserstier via photo pin cc

こんばんは。sai_takaです!

今日は、精油のプロフィールをご紹介するシリーズです。
早いもので、19種類目になりました。


【英名】Neroli

【和名】ダイダイ

【学名】Citrus aurantium キトラス・アウランティウム

【科名】ミカン科

【種類】高木

【産地】フランス、モロッコ、チュニジア、イタリア

【抽出部位】花

【製造法】水蒸気蒸留法

【成分の一例】
  リナロール、酢酸リナリル、リモネン、ネロール、
  ネロリドール(特徴成分)、ゲラニオール

【香りの特徴】
  フローラル系。甘く濃厚なリラックスさせる香り。

【作用】
  鎮痛(酢酸リナリル、ゲラニオール)、鎮静(酢酸リナリル)、
  リラックス、エモリエント、抗菌(リナロール)

【使い方】
  寝付きをよくしたいときに:芳香拡散器を使って、室内に香りを拡散させる。
  乾燥した皮膚に:洗面器などに熱めの湯をはり、精油を入れて立ち上る蒸気を顔全体にあてる。
          トリートメントオイルを作って、皮膚に塗っても。


17世紀末イタリアのネロラ公妃マリー・アンヌが、ビターオレンジの花の精油で皮手袋に香り付けをしたところ、その皮手袋が社交界で流行し、この精油が彼女の名前にちなんでネロリと呼ばれるようになったと言われています。

このネロリの芳香蒸留水は、オレンジフラワーウォーターと呼ばれ、そのまま化粧水として使われます。

気分を明るくしてやさしい気持ちを育み、ストレスや緊張を和らげて身体のバランスを整える作用があります。



それでは、今日はこのへんで。
お読みいただいたあなたのお役に立てれば、幸いです。


by:sai_taka


【参考文献】
アロマテラピー検定公式テキスト 1級(2011年6月改訂版)
ひとりで学べるアロマテラピー検定試験1級・2級テキスト&問題集

【フレーバーライフ】アロマテラピー検定対応精油 1級Aセット

関連記事
スポンサーサイト






このエントリーをはてなブックマークに追加

Tag:アロマテラピー  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

sai_taka

Author:sai_taka
B型・かに座・寅年生まれの、ごく普通のサラリーマンです。

ここ数年、アロマテラピーに興味を持ち、勉強をはじめました。
2012年に、「AEAJ認定 アロマテラピーアドバイザー」の資格を取りました。現在は、さらに上位の資格を目指して勉強中。

「心に余裕を生み出して、自分に優しく・他人に優しく。」
ひとりひとりがそうなれば、社会全体が良くなるはず。

アロマテラピーやライフハック、ガジェットを活用し、ストレスフリーな生活を送るための方法を探しています。

twitter
Facebookページ