FC2ブログ

私の勉強法(香りテスト対策)【独学でも合格する! アロマテラピー検定2級&1級】 第3回

独学でも合格する! アロマテラピー検定2級&1級】 第3回
私の勉強法(香りテスト対策)

20120130 aroma-3
photo credit: anikki*via photopin cc


こんにちは。

今回は「香りテスト」の対策を、まとめてみたいと思います。


1)香りテストとは?




実際に渡された精油の香りを嗅いで、名前を答えるテストです。
(まあ、そのまんまですが)

2級は10種類、1級は20種類、計30種類の精油を勉強します。

そのうち、2級は10種類、1級は18種類(2級対象10種+1級対象8種)の中から出題されます。


2級の精油(○印が香りテスト対象)
 ○イランイラン
 ○オレンジスイート
 ○ジュニパーベリー
 ○ゼラニウム
 ○ティートリー
 ○ペパーミント
 ○ユーカリ
 ○ラベンダー
 ○レモン
 ○ローズマリー

1級の精油(○印が香りテスト対象)
  カモミール・ジャーマン
 ○カモミール・ローマン
 ○クラリセージ
 ○グレープフルーツ
  サイプレス
 ○サンダルウッド
  ジャスミン
 ○スイートマージョラム
  ネロリ
  パチュリ
  ブラックペッパー
 ○フランキンセンス
  ベチバー
 ○ベルガモット
  ベンゾイン
  ミルラ
  メリッサ
 ○レモングラス
  ローズアブソリュート
  ローズオットー

「さあ、どうしよう」と思ったあなた、ご安心を。
ちょうど良い物があったんです。


2)実際に使ったもの


以下の2点を、とあるショップで見つけてゲットしました。


【フレーバーライフ】アロマテラピー検定対応精油 2級セット


【フレーバーライフ】アロマテラピー検定対応精油 1級Aセット

まず、このキットを入手しましょう。

知っているものも、聞いたこともないようなものもあると思いますが、まずは香りに慣れていきましょう。



3)ポイント


混乱してしまうので、同時に複数の香りを嗅ぎすぎないこと。

何日かに分けて、すべての香りを嗅いでいきましょう。

そうすると、

 「これとこれは似た香りなので間違えやすいな」とか、
 「これは好みだ」とか

いろいろ感想が出てくると思います。

そこで、間違いやすい(区別がつきにくい)ものを、重点的に復習しましょう。


試験の時には、精油が配られて、四つの中から正しい精油を選ぶことになります。

落ち着いて、消去法で考えれば大丈夫です。

焦ると勘違いを起こしやすいので、香りを楽しむくらいに、気楽にいきましょう。



それでは、今日はこのへんで。

あなたのお役に立てたなら、幸いです。


by : sai_taka
関連記事
スポンサーサイト






このエントリーをはてなブックマークに追加

Tag:アロマテラピー  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

sai_taka

Author:sai_taka
B型・かに座・寅年生まれの、ごく普通のサラリーマンです。

ここ数年、アロマテラピーに興味を持ち、勉強をはじめました。
2012年に、「AEAJ認定 アロマテラピーアドバイザー」の資格を取りました。現在は、さらに上位の資格を目指して勉強中。

「心に余裕を生み出して、自分に優しく・他人に優しく。」
ひとりひとりがそうなれば、社会全体が良くなるはず。

アロマテラピーやライフハック、ガジェットを活用し、ストレスフリーな生活を送るための方法を探しています。

twitter
Facebookページ