FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



このエントリーをはてなブックマークに追加

Tag:スポンサー広告 

人見知り営業日記[7] 営業に配属される前に、営業事務で仕事をしていて良かったこと。

20121213.jpg

こんばんは。
さいたか(@sai_taka)です。

久しぶりの連載記事。

過去の記事は、こちらです。
 [1] そもそも、「人見知り」とは?
 [2] 「話すのが苦手」なのは、なぜ?
 [3] 「営業」についての偏見(前編)
 [4] 「営業」についての偏見(後編)
 [5] 自分が「営業」になって
 [6] 営業になって、はじめに何が困ったか?


もともと、話すのが得意でないので、「あまり喋り過ぎない営業」を目標としてスタートした営業活動。
前回ご紹介したように「最低限話すことを決めておく」ことで、なんとか毎日を過ごしていました。

さて今回は、営業に配属される前に経験を積めて良かった、という話です。

営業事務の仕事をしていて良かったこと

 1)社内の仕事の流れが理解できた。
 2)現場の苦労を感じることができた。
 3)その時つながりのあったお客さんと、すぐに関係を築くことができた。


1)社内の仕事の流れが理解できた。


入社したての時、「研修」と称して各部署の説明がありました。
が、分かっていない時に説明を聞いても、よく理解できませんでした。

営業事務では、社内の仕事の流れを教わることができて、勉強になりました。


2)現場の苦労を感じることができた。

もし、営業にそのまま入っていたら、現場の人達がどのような苦労をしているのか分からないままでした。
少しでも、現場の大変さを知ることができて良かったです。


3)その時つながりのあったお客さんと、すぐに関係を築くことができた。

営業事務の部長は、営業ではありませんが担当の得意先を持っていました。
その仕事は、持ってきてほとんど「丸投げ」状態。

今思えば、役員の仕事などに追われて手が回らなかったのでしょう。

ですが、そんなことを知らない私は「自分でやればいいのに」と不満に思いながら、仕方なく、お客さんへ確認の連絡などをしていました。

営業になって何年か経ち、そのお客さんを担当することになりました。
それまで電話で話すことしかありませんでしたが、お互いに仕事をしてきた間柄だったので、すぐに慣れることができました。


今ふりかえると、違う部署での経験ができて本当に良かったと思います。


それでは、今日はこのへんで。

◇◇◇◇◇◇◇
最後までお読みいただき、ありがとうございました。
今回の記事が、あなたにとって何かのお役に立てれば幸いです。
もしよろしければ、「いいね!」していただくと、励みになります。
どうぞよろしくお願い致します!


by:sai_taka
関連記事
スポンサーサイト



このエントリーをはてなブックマークに追加

Tag:人見知り営業日記  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

sai_taka

Author:sai_taka
B型・かに座・寅年生まれの、ごく普通のサラリーマンです。

ここ数年、アロマテラピーに興味を持ち、勉強をはじめました。
2012年に、「AEAJ認定 アロマテラピーアドバイザー」の資格を取りました。現在は、さらに上位の資格を目指して勉強中。

「心に余裕を生み出して、自分に優しく・他人に優しく。」
ひとりひとりがそうなれば、社会全体が良くなるはず。

アロマテラピーやライフハック、ガジェットを活用し、ストレスフリーな生活を送るための方法を探しています。

twitter
Facebookページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。