FC2ブログ

嗅いだ「香り」は、どうやって伝わる?【アロマテラピー検定】 第13回

独学でも合格する! アロマテラピー検定2級&1級】 第13回

精油の基礎知識と心身への作用(3)
精油が心身に働く経路


medium_347327376.jpg

photo credit: Randy Son Of Robert via photopin cc


こんにちは。
今回は、精油がどのように人の心身に作用するのかをまとめてみます。

(公式テキスト 2級 P.47〜)

精油が人の心と身体に作用する経路は、2つあります。



1)感覚器 嗅覚から脳へ伝わる経路


精油成分が、鼻の奥にある嗅細胞と呼ばれる細胞に届き、刺激が電気的信号に変えられて大脳に送られます。

それで「におい」として認識されるのです。



2)皮膚や粘膜を介して血管に入り、血液循環によって全身に伝わる経路


血液循環の経路は、どこから入るかにより3つに分かれます。


A)呼吸器

○鼻の粘膜から血管に取り込まれるルート
○鼻から肺に入り、肺胞から血管に取り込まれるルート


B)皮膚

皮膚から毛細血管に入るルート


C)消化器

消化器の粘膜から、血管に入るルート


→協会の方では、精油を飲むことはすすめていません。
(※これは、試験に出題されやすいです!)



それでは、今日はこのへんで。

次回は、これらの経路から心身に伝わった香りに、どのような作用があるかをご紹介します。



あなたの生活の中で、ほんの少しでもお役に立てれば幸いです。

by : sai_taka

関連記事
スポンサーサイト






このエントリーをはてなブックマークに追加

Tag:アロマテラピー  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

sai_taka

Author:sai_taka
B型・かに座・寅年生まれの、ごく普通のサラリーマンです。

ここ数年、アロマテラピーに興味を持ち、勉強をはじめました。
2012年に、「AEAJ認定 アロマテラピーアドバイザー」の資格を取りました。現在は、さらに上位の資格を目指して勉強中。

「心に余裕を生み出して、自分に優しく・他人に優しく。」
ひとりひとりがそうなれば、社会全体が良くなるはず。

アロマテラピーやライフハック、ガジェットを活用し、ストレスフリーな生活を送るための方法を探しています。

twitter
Facebookページ