スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



このエントリーをはてなブックマークに追加

Tag:スポンサー広告 

慌てている時には、呼吸をしっかり整えて気持ちを落ち着かせる。


photo credit: Andrew Morrell Photography via photopin cc

こんばんは。
さいたか(@sai_taka)です!

「息」を使う言葉

「息が合う」 「息がかかる」 「息が通う」 「息が切れる」 「息が絶える」 「息が続く」 「息が詰まる」「息がはずむ」 「息を入れる」 「息を凝らす」 「息を殺す」 「息をつく」 「息を継ぐ」 「息を詰める」 「息を抜く」 「息をのむ」 「息をはかりに」 「息を引き取る」 「息を吹き返す」。

調べてみると、「息」を使う言葉はたくさんあります。

人間を含め、生き物は呼吸をして生きています。
それだけ、呼吸は重要なわけです。

また落ち着くためには、深呼吸するといいと言われます。


呼吸法

私は10年くらい前にこの本を読んで以来、腹式呼吸を生活に取り入れました。


腹式呼吸で4秒間、鼻から息を吸い込み、16秒間停止し、ゆっくり8秒間かけて口から吐き出す。
これを一日に最低3回、10回ずつ。

最初は苦しいかもしれないですが、だんだん慣れてきますよ。
気がついたら10年くらい、毎日続けています。


腹式呼吸をすると

平日は、午後、営業車の運転中にしています。
夜、お風呂に入っている時でもいいですね。

 1)頭がリフレッシュ
 2)疲れ目がスッキリ
 3)気持ちが落ち着く

などを実感します。

1や2もいいですが、やはり3の効果が大きいです。

気が急いている時は、呼吸も浅くなっています。
意識して深く呼吸することが大切です。


【心に、余裕を生み出すポイント】

 慌てている時には、呼吸をしっかり整えて気持ちを落ち着かせる。


それでは、今日はこのへんで。

◇◇◇◇◇◇◇

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
今回の記事が、あなたにとって何かのお役に立てれば幸いです。
よろしければ「いいね!」していただくと、励みになります。
どうぞよろしくお願い致します!

by:sai_taka

呼吸法といえば…やっぱりコレ。



関連記事
スポンサーサイト



このエントリーをはてなブックマークに追加

Tag:心の持ち方  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

sai_taka

Author:sai_taka
B型・かに座・寅年生まれの、ごく普通のサラリーマンです。

ここ数年、アロマテラピーに興味を持ち、勉強をはじめました。
2012年に、「AEAJ認定 アロマテラピーアドバイザー」の資格を取りました。現在は、さらに上位の資格を目指して勉強中。

「心に余裕を生み出して、自分に優しく・他人に優しく。」
ひとりひとりがそうなれば、社会全体が良くなるはず。

アロマテラピーやライフハック、ガジェットを活用し、ストレスフリーな生活を送るための方法を探しています。

twitter
Facebookページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。