FC2ブログ

しっかり運動、しっかり栄養。何事もバランスが大切!【アロマテラピー検定】第16回


独学でも合格する! アロマテラピー検定2級&1級】第16回

精油の基礎知識と心身への作用(6)
栄養学、健康学の一般的な知識


medium_3624307661.jpg
photo credit: Hindrik S via photo pin cc


こんにちは。

今回は、アロマテラピーのための健康学を取り上げたいと思います。


(1級公式テキスト P.78〜)

身体の中のバランス


恒常性(ホメオスターシス)
=生体の状態が一定に保たれること
 視床下部と呼ばれる部分が、コントロールしています。

自律神経
→内臓、血管、内分泌腺などを自動的に調節する神経です。

 交感神経…起きている時、興奮・緊張している時の神経です。
 副交感神経…リラックスしている時の神経です。

 交感神経と副交感神経は、拮抗しています。
 これらのバランスが崩れると、身体の不調につながります。


栄養と健康の関係


<6つの栄養素と働き>

 糖質・タンパク質・脂質を、3大熱量素といいます。
  1g当たり、糖質・タンパク質は4kcal、脂質:9kcalのエネルギーを作り出します。

 5大栄養素=3大熱量素+ミネラル(無機質)・ビタミン

 食物繊維は、6つ目の栄養素といわれます。

◯糖質

 エネルギー源となるものです。
 一日に必要なエネルギーの50%〜60%は糖質で摂るのがのぞましいとされています。
 米・パンなどの穀物、いも類で摂取するのがおすすめです。

◯タンパク質

 身体を構成する細胞の主成分。ホルモンや酵素の材料になる。
 消化作用により約20種のアミノ酸に分解・吸収されます。
 (そのうち9種は、体内で作ることのできない必須アミノ酸)

◯脂質

 糖質より効率のよいエネルギー源です。
 体脂肪として蓄えられ、貯蔵エネルギーとなります。

◯ビタミン

 代謝を促進し、身体の働きを正常に保ちます。
 バランスよく摂取することが大切です。

◯ミネラル

 筋肉や神経などの身体の機能を調節し、骨や歯、血液などの構成成分にもなります。
 ほとんど体内で合成できないため、いろいろな食品からバランスよく摂る必要があります。


<生命維持に必要なエネルギー=基礎代謝量>

私たちは、起きているときも、眠っているときも、エネルギーを消費しています。
呼吸をして、心臓を動かし、脳の神経細胞を働かせるエネルギーが必要なのです。

この、人間が生命を維持するために最低限必要なエネルギーを「基礎代謝量」といいます。

「基礎代謝量」に、個人の生活に必要なエネルギーを加えたものが「エネルギー所要量」となります。


運動と健康の関係


<運動とは>

 身体活動…身体を動かす全ての動き(日常の行動、運動など)のこと。
 生命活動…身体活動のうち、労働、家事、通勤通学、趣味など
 運動…力の維持向上をめざして計画的に行う活動のこと。

<運動の効果>

 適度な運動は、生活習慣病の予防だけでなく、持久力、適応力、抵抗力など基礎的体力を向上させることにもつながります。
 運動の効果として、基礎代謝の低下を少なくする、ストレス解消などが挙げられます。

<健康維持に役立つ運動>

 無酸素運動(アネロビクス)→全力疾走、重量上げ、腕立て伏せ、筋トレなど
 有酸素運動(エアロビクス)→ウォーキング、軽いジョギング、軽い水泳など

 無酸素運動よりも有酸素運動の方が、脂肪燃焼に効果があることは、ご存知の方もいらっしゃると思います。
 健康作りのためには、日頃から運動を生活に取り入れると良いでしょう。




それでは、今日はこのへんで。

お読みいただいたあなたに、何かお役に立てれば幸いです。



by : sai_taka
関連記事
スポンサーサイト






このエントリーをはてなブックマークに追加

Tag:アロマテラピー  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

sai_taka

Author:sai_taka
B型・かに座・寅年生まれの、ごく普通のサラリーマンです。

ここ数年、アロマテラピーに興味を持ち、勉強をはじめました。
2012年に、「AEAJ認定 アロマテラピーアドバイザー」の資格を取りました。現在は、さらに上位の資格を目指して勉強中。

「心に余裕を生み出して、自分に優しく・他人に優しく。」
ひとりひとりがそうなれば、社会全体が良くなるはず。

アロマテラピーやライフハック、ガジェットを活用し、ストレスフリーな生活を送るための方法を探しています。

twitter
Facebookページ