FC2ブログ

脳の眠りと身体の眠り・・・レム睡眠とは? 【アロマテラピー検定】第17回

独学でも合格する! アロマテラピー検定2級&1級】第17回
精油の基礎知識と心身への作用(7)
休養・睡眠と健康


medium_5275288610.jpg

photo credit: Casey David via photo pin cc



こんにちは。

健康的な生活を送るには、やはり睡眠が必要ですよね。
寝不足だと、疲れがとれなかったり、体調を崩してしまったりします。

(1級公式テキスト P.91〜)

休養・睡眠と健康



脳の興奮が長く続くと、神経細胞を働かせるエネルギーがなくなり脳が活動を停止してしまうおそれがあります。

それを防ぐために、視床下部が脳を休ませる指令を出します。
すると、身体が「疲れ」を感じ、休養・睡眠をとるのです。

忙しくても1日30分、リラックスしたりリフレッシュする時間を持つとよいと言われています。


睡眠と脳の関係


睡眠中、脳全体が休息しているわけではありません。
大脳が休息している間も、生命維持のために脳幹は活動し続けています。

◯レム睡眠とノンレム睡眠

レム睡眠:レムとは、REM(Rapid Eye Movement)のこと。
<ポイント>
 浅い眠りで、急速眼球運動を伴う。
 身体の休息のための睡眠。
 身体の代謝促進や免疫機能調節がおこなわれる。
 骨格筋が弛緩した状態。

ノンレム睡眠
<ポイント>
 深い眠り。
 大脳の休息のための睡眠。
 生理機能が低下する。
 呼吸数・心拍数・血圧・体温が低下した状態。


◯睡眠の質と量

サーカディアンリズムとは?

 生物体にもともとそなわっている、1日約24時間のリズム。
 ラテン語で「およそ一日」という意味を持つ。

一般に、成人の睡眠時間は7〜8時間程度と言われています。
ただし個人差もあり、時間をよりも「質」が大切です。

質の良い睡眠をとるためには、就寝前の刺激を避けるのがよいそうです。

心を落ち着かせる作用のある精油を使って、芳香浴法や沐浴法を使うとリラックスできます。

この作用がある精油でよく知られているのがラベンダーです。
優れた鎮静作用で、心身の緊張をほぐします。



私は、この香りを嗅ぐと、すぐ眠くなってしまいます。
かなり、寝付きがいい方なので(笑)。



それでは、今日はこのへんで。
少しでもお役に立てれば幸いです。

by:sai_taka
関連記事
スポンサーサイト






このエントリーをはてなブックマークに追加

Tag:アロマテラピー  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

sai_taka

Author:sai_taka
B型・かに座・寅年生まれの、ごく普通のサラリーマンです。

ここ数年、アロマテラピーに興味を持ち、勉強をはじめました。
2012年に、「AEAJ認定 アロマテラピーアドバイザー」の資格を取りました。現在は、さらに上位の資格を目指して勉強中。

「心に余裕を生み出して、自分に優しく・他人に優しく。」
ひとりひとりがそうなれば、社会全体が良くなるはず。

アロマテラピーやライフハック、ガジェットを活用し、ストレスフリーな生活を送るための方法を探しています。

twitter
Facebookページ