FC2ブログ

立花岳志(@ttachi)さんの著書「ノマドワーカーという生き方 場所を選ばず雇われないで働く人の戦略と習慣」を読んで。

「ノマドワーカーという生き方 場所を選ばず雇われないで働く人の戦略と習慣」


立花岳志氏は、月間160万PVのブログ「No Second Life」を主宰され、17年間のサラリーマン生活を経て独立された、プロブロガーです。

今回は、著書「ノマドワーカーという生き方 場所を選ばず雇われないで働く人の戦略と習慣」を読んで、印象に残ったことをまとめてみました。


「リアルで地に足の着いたノマド」

最近よく聞く「ノマド」には、華やかなイメージもある。
一部の、経済的に余裕がある人が、海外で仕事をしている、みたいな。

この本では、そうでない人でもすぐに実践できる「地に足の着いたノマド」が紹介されています。

読んで、すぐに実践できるところがいいんです!


「ライフログを取ることは、未来の自分に手紙を書くようなもの」

立花氏と言えば、ライフログ。
これでもかというほど、いろいろなことを記録されています。

立花氏は本の中で、

  ライフログとは、記憶を失わせないための装置 
  記憶を失われなくなることにより、人生をより豊かにしていくことが出来る仕組み

と表現されています。また、

  「ライフログを取ることは、未来の自分に手紙を書くようなもの」
  「ライフログを見返すことは、過去の自分から手紙を受け取ること」

とも書かれています。

自分も、完全ではありませんが記録を取っています。
しかし「見返す時間」を、あまり取ってないことに気付き、ハッとしました。


個人情報発信としてのブログ

ちょうど、ブログの更新頻度を上げようと頑張っていたので、タイムリーな内容でした。

ブログをはじめる時に最初にやることとして挙げられているのが、以下の3つ。

  ブログのミッションを決める
  ブログの優先順位を決める
  やめることを決める

最後の「やめることを決める」というのは、意外と難しい。
ついつい、いろいろと欲張ってしまう。

しかし、一日は24時間。
何に時間を費やすかを、自分で決めないといけないのです。



立花氏が、自身の戦略と習慣について網羅しているこの本。

  ノマドワーカーとして独立したいと思っている人
  会社勤めをしながら自分のやりたいことをしたい人
  ブログやライフログを始めてみたい人
  立花さんに憧れている人

そんな貴方に、オススメです!


ノマドワーカーという生き方



おまけ

本文中の写真に、よーく見ると自分が(小さいですが)写っている!
かなり嬉しかったです。



by:sai_taka
関連記事
スポンサーサイト






このエントリーをはてなブックマークに追加

Tag:BOOK  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

sai_taka

Author:sai_taka
B型・かに座・寅年生まれの、ごく普通のサラリーマンです。

ここ数年、アロマテラピーに興味を持ち、勉強をはじめました。
2012年に、「AEAJ認定 アロマテラピーアドバイザー」の資格を取りました。現在は、さらに上位の資格を目指して勉強中。

「心に余裕を生み出して、自分に優しく・他人に優しく。」
ひとりひとりがそうなれば、社会全体が良くなるはず。

アロマテラピーやライフハック、ガジェットを活用し、ストレスフリーな生活を送るための方法を探しています。

twitter
Facebookページ