FC2ブログ

思い込みの怖さ。



こんばんは、sai_takaです。

さて、皆さんは「スリップ」をご存知でしょうか?

書籍に差し込まれている、短冊型の売上カードのことです。

通常、書店では引き抜いてしまうので、一般の人は、あまり見ることはないかも知れません。

ただ最近は、Amazon等で本を購入すると、入ったまま送られてくるので、見かけることは増えたかも。

お客さんで、この「スリップ」のことを「スリット」という人がいました。

最初は、聞き違いかなと思って、よく聞いていたのですが、何回聞いても「スリット」と。

しかも、恥ずかしそうにボソッと。

「スリップ」と「スリット」、一文字違うだけで、全然違う。

バシッと「これはスリットでなく、スリップです!」と、どれほど言いたかったか...。

何回か、それとなく「スリップ」という単語を出したり、目に付くように書いたりしていましたが、気づいてもらえませんでした。

本ができるまで「スリット」と言い続けたのでした。


人間、いったん思い込んでしまうと、なかなか直すのは大変だな、ということを実感しました。


by:sai_taka


ところで「スリット」と聞いて、TVドラマ「トリック」を思い出した人、何人くらいいるだろう。
関連記事
スポンサーサイト






このエントリーをはてなブックマークに追加

Tag:つれづれなるままに  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

sai_taka

Author:sai_taka
B型・かに座・寅年生まれの、ごく普通のサラリーマンです。

ここ数年、アロマテラピーに興味を持ち、勉強をはじめました。
2012年に、「AEAJ認定 アロマテラピーアドバイザー」の資格を取りました。現在は、さらに上位の資格を目指して勉強中。

「心に余裕を生み出して、自分に優しく・他人に優しく。」
ひとりひとりがそうなれば、社会全体が良くなるはず。

アロマテラピーやライフハック、ガジェットを活用し、ストレスフリーな生活を送るための方法を探しています。

twitter
Facebookページ